クレジットカードの更新拒否はどんなときに起こる?

クレジットカードの有効期限が近づいてくると、新しいカードが郵送されてきて自動的に更新されていることになります。しかし、場合によってはクレジットカード会社から更新拒否の連絡が入ってしまうことがあります。

これは、強制解約のように例えば延滞を何度も繰り返していて、その時にすぐにクレジットカードを解約させられてしまうというのと似てはいますが、一応有効期限までは利用できるということにはなります。ただ、更新拒否となったという履歴はのこりますから、更新拒否されてすぐにクレジットカードを作るということはできないと思っておいたほうがよいでしょう。クレジットカード会社は、系列なども多いのですが、その系列のカードはまず最低でも5年、場合によってはもっと長く、あるいは永久に作れないこともあるということを覚悟しておきましょう。

他のクレジットカード会社でも、5年程度たてば作れるのかといえば必ずしもそうとは限りません。更新拒否されないようにするためには、延滞などを絶対にしないことが重要なポイントになります。

また、クレジットカードをまったく利用していない場合ですと、年会費無料のクレジットカードなどでしたら、更新拒否される可能性もあります。利用者側は年会費無料ですが、もちろんクレジットカード会社はその管理などに費用がかかってしまいます。年会費を払っていればそこから利益は上がりますから、更新されない、解約されてしまうということはありませんが、年会費無料のクレジットカードでは起こりえます。