すそわきがのクリニック治療の内容とは

すそわきがは、デリケートゾーンにあるアポクリン腺が原因で、わきが臭が発生することをいい、酸っぱい臭いやおりものの臭いとは違い、わきがのような臭いがあるのが特徴です。
すそわきがの原因は、アポクリン腺という汗腺からでる汗が、皮膚上にある雑菌によって分解されることで、独特の臭いを発します。
アポクリン腺は、陰部だけではなく、耳の中などにも存在していますから、耳垢が湿っている人は、わきが体質といえます。

通常、汗は無臭ですが、アポクリン腺から分泌された汗が分解されるときに、独特の臭いを発してしまいます。特に、陰部は蒸れやすいため、臭いが強調されやすく、女性の場合はおりものの臭いと混ざることで、さらに強烈な臭いとなってしまいます。
すそわきがを誰かに指摘された場合は、一人で悩まずにクリニックを受診してみることをおすすめします。

クリニックでのすそわきが治療には、ビューホット治療や電気凝固法、ボトックス治療などの治療法があります。
ビューホット治療は、最新の治療法で、局所麻酔を行ったあと、陰部に高周波をあてて汗腺を破壊して、臭いを抑える方法です。
電気凝固法は、陰部の毛穴一つ一つに針を刺して電気を流す方法で、手術と比べると痛みがほとんどなく、高い効果があるといわれています。
ボトックス治療は、ボトックスを注射して神経伝達物質のアセチルコリンをブロックして、汗を抑える治療です。完全にすそわきがが治るわけではありませんが、軽度の症状には効果的です。
クリニックでの治療法は、どの程度の治療を目指すのかによって選ぶとよいでしょう。
クリニックではいくつかの治療法がありますから、一度受診し、医師と相談してみるとよいでしょう。